『ことばの玉手箱』児童精神科医 佐々木正美講演より
「親」
親が子どもに何をすればいいか。それは子ども自身が教えてくれる。
子どもは口うるさい親の言うことは聞かない。子育ては不言実行が最高。
親が神経質になるほど子どもは苦痛になる。
排泄や食事にもナーバスな子になる。
子どもの考えに親は乗った方がいい。親の考えに子どもを乗せすぎると子どもは萎縮する。
いつも周囲の評価を気にする習性が身について、本当に思ったことが言えない子になる。
スポンサーサイト
[ 2015/03/01 00:00 ]

| 『ことばの玉手箱』 |
| ホーム |