『ことばの玉手箱』児童精神科医 佐々木正美講演より
「受容」
子どもを受け入れるためには、自分が周囲から受け入れられていることが大事である。
子どもの願いを十分に聞いてあげる前に、こちらの願望を先に伝えてはいけない。
幼児でも自分の欲求が叶えられている子は、幼いなりに他の子を受け入れることができる。
正しいことを沢山子どもに伝えればいい子になるか、というとそうではない。子どもの言うことをよく聞いてあげてこそ子どもはよく育つ。
スポンサーサイト
[ 2014/06/01 00:00 ]

| 『ことばの玉手箱』 |
| ホーム |