「おはなしころりん村」活動紹介
毎月“おはなし会”で心温まる時間を演出してくださっている「おはなしころりん村」の活動をご紹介します。
「おはなしころりん村」は、25年前“就学してもおはなしを聞く楽しみを持ち続けてほしい”と有志5人で自分達の子供も巻き込み、きじばと保育園をお借りして始めました。やがて子供達は高学年になり、スタッフの転居等が重なり、3年で解散になりました。その後、新しい仲間3人で、おはなしの出前を中心に活動を再開。
平成  7年より  並木保育園、はすのみ学童保育
平成 11年より  釜利谷地区センター
平成 12年より  富岡並木地区センター
平成 13年より  文庫小学校(平成18年中止)
平成 15年より  釜利谷南小学校、さくら保育園
平成 17年より  市大病院小児病棟
平成 23年より  ふきのとう
の依頼で“おはなし会”は定着しました。スタッフも10人(2人休会中)になり、「絵本の読み聞かせ、素ばなし、手袋人形、パネルシアター、エプロンシアター等を通し、広く子供達に文化を伝え、親子共に豊かな時を楽しもう」をコンセプトに、聞いて下さる皆さんから元気をたくさんもらいながら、毎回大切に“おはなし会”を行っています。
「おはなしころりん村」代表   小玉 加代子
スポンサーサイト
[ 2013/10/01 00:00 ]

| 広場「ふきのとう」より |
| ホーム |