ちょっといい話(雨の日におうちで出来る身体遊び!!)
雨の日におうちで出来る身体遊び!
首がしっかり座った赤ちゃんから出来る身体遊び編

◎らっこの親子
あおむけに寝たおうちのかたのおなかの上に、赤ちゃんをうつ
ぶせで寝かせます。赤ちゃんが落ちないように支えながら、おうちのかたが、らっこになったつもりで「らっこのママと○○ちゃんで~す♪」「波がきました~!ざぶーんざぶーん」と、体を左右に揺らします。赤ちゃんにとって、おうちのかたの体の上に密着するのは安心感があるものです。
※ネックレスやブローチなどは外しておきましょう。

◎くすぐりかいじゅう
おうちのかたの手を口に見立てて、「くすぐりかいじゅうがきましたー」と赤ちゃんの体をさわります。「かわいいおてて、おいしそう」「むっちりあんよ、食べちゃうぞー」「やわらかほっぺもモグモグー」と、体のいろいろなところにふれてみてください。

◎1歳以上のお友達におすすめ!!
膝を伸ばして座った大人の足の上をよじ登って越え、超えたら今度は大人が膝を曲げてトンネルを作り、子どもはそれをくぐるという遊び。さまざまな体の動きを習得することができますので、総合的な体力アップにつながります。
スポンサーサイト
[ 2016/06/01 00:00 ]

| ちょっといい話 |
| ホーム |